米国株投資+節約で資産1億円を目指す

神奈川県在住。20代既婚のしがないサラリーマンが一念発起し、株式(米国株)投資+節約で資産1億円を目指すブログです。

仮想通貨 為替

仮想通貨は有望な投資先になりえるか

投稿日:

最近(だいぶ前からですが・・・)仮想通貨が流行っています。

ビットコインをはじめ、イーサリアム、ライトコイン、モナコイン、リップルなど数多くのコインが、取引所で取引をされています。

そして、簡単に取引できるようになってきているため、投機の対象として非常に多く取引されています。
それによってかつてゴルフ会員権などがそうであったようにトラブルや詐欺に近い行為が横行してるという報道も多くなっています。

一方で、国にとらわれず格安の手数料で送金できたりと、非常に高いメリットを持つのが仮想通貨の特徴です。

では、我々のような長期投資家にとって仮想通貨は投資対象になりえるのか考えようと思います。

 

 

スポンサーリンク



仮想通貨とは

仮想通貨は、広義では特定の国家による価値の保証を持たない通貨のことであり、代表的な実装としてはビットコインの様な暗号技術(ブロックチェーン)を活用したものが代表的です。

仮想通貨の各国の取り扱いはさまざまですが、日本は比較的仮想通貨に対して寛容で、禁止とする国が多い中取引をしやすい環境にあります。

ビットコインをはじめとして多くの仮想通貨が発行されていますが、実際に決済に使えるのはビットコインくらいでしょう。(ビックカメラなどで使えるのが代表例)

他の通貨は取引所で投機の対象とはされていますが、決済に使える場所はほとんど無いと言って良いでしょう。

メリットとしては、現金ほどでないにしろ匿名性があるのと、海外送金などを行うときの手数料が銀行ネットワークを使うよりも圧倒的に安いことにあります。

メリットもあり、今後広く使われるのではないかという期待で投機マネーが流入し値を上げているという状況です。

仮想通貨は(長期)投資には向かない

では、我々の様な投資家が仮想通貨を買うのはどうでしょうか?
結論から言うと、そもそも仮想通貨への投資は投資ではありません。よってもちろんお勧めはできないと考えています。

”投資”というものは、事業に出資し、利益を得ることです。
株式投資はもちろん、債券や不動産も全て持っている資産(株など)を元に生産活動が行われ、投資家に還元されます。

しかし、仮想通貨や為替(FX)は、資金が生産活動には直接的に使われず、値動きの利ざやを稼ごうという考え方です。

つまり、投資の定義から外れており、短期的に天才トレーダーが儲けるのは良いかも知れませんが、長期的な投資には向かないと考えられます。

凡庸で、短期投資ができない私は、仮想通貨には手を出さないほうがよさそうです。

PC用

スポンサーリンク



PC用

スポンサーリンク



-仮想通貨, 為替

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

利上げ局面におけるポートフォリオ(預金、債券、株式)

リーマンショック以降、米国は政策金利をほぼ0%(0-0.25%)としてきました。 しかし、近年の米国の好景気を受けて、2015年から利上げを進めています。 今後も継続的に利上げを実施し、2017年末の …

サイドバー用

スポンサーリンク



名前: こねこ
年齢:20代

どこにでもいるような20代既婚サラリーマン。
一念発起し米国株投資に目覚め、資産額一億円を目指して奮闘中。
投資以外には節約ネタが好きなので、そのあたりのネタも投下していきたいと思います。

モチベーション維持のためにも相互リンクは大歓迎ですので、ぜひともお声掛けください。
また、Twitterでも情報発信をしていきたいと思うので、フォローをお願いいたします。
→詳しいプロフィールはこちら(作成中)


応援いただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。