米国株投資+節約で資産1億円を目指す

20代のしがないサラリーマンが、株式(米国株)投資+節約で資産1億円を目指します。ブログ運営については、プライバシー・ポリシーをご確認ください。

株式投資

米国長期金利上昇による1000ドルを超える大暴落

投稿日:

今週は株価が非常に荒い値動きをした週でした。(2018年2月10日)
ダウ平均は、1日の中で1000ドル以上乱高下する日もあり、2月9日(月)の始値から2月9日(金)の終値までで、上下しているものの1147ドル下落しています。

この影響で日本を含め世界中で今週は指数が軒並み下落しました。
背景として最も大きいのは、米国の長期金利が上がったこととされている記事が多いです。

以前、このブログ内で長期金利が上がると株価も上がる傾向にあると書きましたが、今回はそのようになりませんでした。
それについてもこの記事で簡単に記載します。
参考:利上げ局面におけるポートフォリオ(預金、債券、株式)

 

スポンサーリンク



長期金利の推移

まず、客観的なデータとして米国株の金利は本当に上がっているのでしょうか?
以下のグラフをご覧ください。

<米国10年物国債金利の推移(過去6ヶ月)>

過去6ヶ月の推移になるのですが、全体的に上昇しているのが確認できます。
特に、年明け2018年に入ってからは上昇が加速しているように見えます。

直近では、米国の指標が良好な数値を示しており、さらにFRBもイエレン前議長に比べパウエル新議長は、利上げに積極的であるという見方が広がっているからという理由で上昇しているとされています。

今後も、FRBは金利を上げるという話ですので、継続的に国債の金利も上がっていくと考えられます。

 

今後の展望と日本株

米国の景気は比較的良く、さらにパウエル新議長の方針を考えると利上げのペースは現状維持、もしくは加速する可能性もあります。

では、利上げすると今回のように株価は下がるのでしょうか?
私は、基本的に利上げ→株価の上昇と考えています。

今回の下げについては、多くの記事では長期金利の急上昇と論じられていますが、実際には単なるペース調整ではないかなと思っています。

根拠としては、2日(金)には金利上昇していたものの、5日(月)は金利低下していたにもかかわらず好材料視されなかったことや、6日は金利上昇したにもかかわらず大幅に反発したためです。

このため、あくまでも経済的な展望や指標での動きではなく、短期のテクニカル的な動きだと考えられます。
ただし、この下落を受けてもまだ米国株は高値圏にはあると思います。

今後も、好景気が続けば金利は正常化し、株価も今までと同様に右肩上がりとなるであろうと予想はできますが、購入のタイミングは良く考える必要がありそうです。

 

PC用

スポンサーリンク



PC用

スポンサーリンク



-株式投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

小型株効果を少ないリスクで得る方法を考える

昨日の記事で、小型株効果を狙ってVBを優先的に買う方針と書きました。 今日はいわゆる小型株効果について、記事を書こうと思います。 まず、小型株効果についてですが、一般的に大型株と比較し、小型株に投資し …

2018年ブログ切り替えを機に新たな目標設定

  スポンサーリンク 目標金額 最終的な目標金額について。実はこれは旧ブログでも書いていたのですが、「2036年に金融資産一億円」を目標としています。(今年も変わらず) また、中間目標として …

ナショナルグリッド(NGG)に新規投資

私は毎月給料が出るたびに、株を買っています。 今月は、ナショナルグリッド(NGG)を新規に購入しました。 購入理由を一言で言うと、最近ユーティリティ株(電力、ガスなど公共株)の株価が低迷しており、配当 …

利上げ局面におけるポートフォリオ(預金、債券、株式)

リーマンショック以降、米国は政策金利をほぼ0%(0-0.25%)としてきました。 しかし、近年の米国の好景気を受けて、2015年から利上げを進めています。 今後も継続的に利上げを実施し、2017年末の …

資産ポートフォリオを考える(株式、債券、預金の関係)

証券会社に口座を開くといろいろな金融商品があることがわかります。 代表的な商品としては、株式、債券、(主に銀行ですが)預金などがあります。 では、どの商品がもっともリターンが高いのでしょうか?投資する …

サイドバー用

スポンサーリンク



名前: こねこ
年齢:20代

どこにでもいるような20代既婚サラリーマン。
一念発起し米国株投資に目覚め、資産額一億円を目指して奮闘中。
投資以外には節約ネタが好きなので、そのあたりのネタも投下していきたいと思います。

モチベーション維持のためにも相互リンクは大歓迎ですので、ぜひともお声掛けください。
また、Twitterでも情報発信をしていきたいと思うので、フォローをお願いいたします。
→詳しいプロフィールはこちら(作成中)


応援いただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。