米国株投資+節約で資産1億円を目指す

20代のしがないサラリーマンが、株式(米国株)投資+節約で資産1億円を目指します。ブログ運営については、プライバシー・ポリシーをご確認ください。

株式投資

ハイテク銘柄について考える(AI銘柄、自動運転など)

投稿日:

最近はAIブームやブロックチェーン技術(仮想通貨)などの技術が、ある種のブームになってきており、株式市場でも社名をハイテクっぽくすると時価総額が上がるなど危険なにおいがしてきています。

このようなハイテク銘柄ブームの時には、投資家が投資先の企業の事業(技術)について正しく理解することなく投資してしまうことがよくあります。

今日は代表的なハイテク企業と言われる企業の事業内容について、簡単にメモ代わりに記載しておこうと思います。

 

スポンサーリンク



代表的なハイテク銘柄

  1. NVIDIA(NVDA)
    もともとはPCやゲームなどのGPU製造を行っていた会社。
    GPUは特性上AI関連の処理(ディープラーニングの計算など)が得意なので、AI銘柄として認識されている。
    最近では、自動運転用のコンピュータであるDRIVE PXがヒット商品となりテスラを始めとした多くの企業で採用されている。(DRIVE PXでは、機械学習などが行われ、これにGPU製造のノウハウが生かされていると思われる。)

    ライバル社:AMD(PCやゲーム向けのGPU製造でNVIDIAと双璧)

  2. APPLE(AAPL)
    言わずと知れたアップルコンピュータ。MacやiPhoneが大ヒット。
    最近では、iPhoneXの売上が想定に達していないとの声や、電池が劣化すると性能を落としていたことへの批判もあるが、iPhoneシリーズは未だに莫大なキャッシュフローを生み出している。

    ライバル社:サムスン、ファーウェイなど(最近ではファーウェイがAndroid端末で躍進中。ファーウェイはもともとネットワーク機器で高い評価を受けており、その分野ではCiscoと競合。)

  3. TESLA(TSLA)
    EV専門の新興自動車メーカー。米国を始めとしてEVでのシェアを非常に高く獲得している。
    自動運転にも力を入れており、完全自動運転を目指している。現在発売されている車種には完全自動運転を可能にするハードウェアが搭載されており、ソフトウェアのアップデートで完全自動運転に対応すると主張している。
    一方で、生産ペースがボトルネックになっており、黒字化に苦労している。

    ライバル社:GM、日産など(シボレー・ボルトや日産・リーフが、米国市場においてTESLAについでEVでのシェアを獲得している。一方で、非常に流動的な情勢なので逆転などは十分にありえる。リチウムイオン電池を大量に消費するため、リチウムイオン電池メーカーの株も注目)

  4. Amazon.com(AMZN)
    ECサイト運営もかなり強いが、AWSという名のパブリッククラウドサービスを展開しており、パブリッククラウド市場で圧倒的なシェアを獲得している。
    当初はIBMやGoogleも競合となっていたが、現在ではAWSが圧倒的なシェアを握っている。というか、企業利用でデファクトスタンダードになっている。

    ライバル社:マイクロソフトなど(パブリッククラウドでは勝負がついたとの見方があるが、唯一対抗馬がマイクロソフトのAzureと言われている。Officeを抑えているので、マイクロソフトはオフィス環境のクラウド化に強みを持つ)

まとめ

とりあえず、ざっと思いついたハイテク企業を書いてみた。

NVIDIAとTESLAは、先進的な技術を駆使して市場で高いシェアを獲得しつつあるものの、市場が立ち上がっている途中なので、収益に結びついてくるのはもう少し先になってくる可能性がある。

APPLEとAMAZONは、すでに立ち上がった市場で高いシェアを獲得しており、収益に結びつくフェーズに移ってきているので、投資家としては安心して投資し易いように見える。

PERと相談しつつになるとは思うが、私のような保守的な投資家は後者のハイテク株に投資することを優先的に検討したい。

PC用

スポンサーリンク



PC用

スポンサーリンク



-株式投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

配当金履歴2018年1月

このブログの目標・目的について、以前記事を書きました。 そこでも特に挙げていなかった通り、私は特に”配当”を重視した投資をしていません。 しかし一方で、やはり定期的にお金が貰える配当金というのは、投資 …

利上げ局面におけるポートフォリオ(預金、債券、株式)

リーマンショック以降、米国は政策金利をほぼ0%(0-0.25%)としてきました。 しかし、近年の米国の好景気を受けて、2015年から利上げを進めています。 今後も継続的に利上げを実施し、2017年末の …

国際分散投資の有用性について

国際分散投資の是非は、有名な米国株ブロガーさん何人も書いていらっしゃいます。 しかし、各ブロガーさん、投資家さんによって意見に違いがあるようです。 米国株ブロガーさんは、比較的国際分散投資に否定的な意 …

ナショナルグリッド(NGG)に新規投資

私は毎月給料が出るたびに、株を買っています。 今月は、ナショナルグリッド(NGG)を新規に購入しました。 購入理由を一言で言うと、最近ユーティリティ株(電力、ガスなど公共株)の株価が低迷しており、配当 …

資産ポートフォリオを考える(株式、債券、預金の関係)

証券会社に口座を開くといろいろな金融商品があることがわかります。 代表的な商品としては、株式、債券、(主に銀行ですが)預金などがあります。 では、どの商品がもっともリターンが高いのでしょうか?投資する …

サイドバー用

スポンサーリンク



名前: こねこ
年齢:20代

どこにでもいるような20代既婚サラリーマン。
一念発起し米国株投資に目覚め、資産額一億円を目指して奮闘中。
投資以外には節約ネタが好きなので、そのあたりのネタも投下していきたいと思います。

モチベーション維持のためにも相互リンクは大歓迎ですので、ぜひともお声掛けください。
また、Twitterでも情報発信をしていきたいと思うので、フォローをお願いいたします。
→詳しいプロフィールはこちら(作成中)


応援いただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。