米国株投資+節約で資産1億円を目指す

20代のしがないサラリーマンが、株式(米国株)投資+節約で資産1億円を目指します。ブログ運営については、プライバシー・ポリシーをご確認ください。

雑記

配当金生活について考えてみる

投稿日:

何回同じネタやってんだ!と怒る方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、サラリーマン投資家の大きな夢の一つが配当金のみで生活してゆくことではないでしょうか?
社畜化している現代サラリーマンにとって天からさす一筋の光、蜘蛛の糸。それが、配当金生活です。

なので、投資のモチベーションが切れかけたり、手っ取り早くお金を稼いだ話を聞く度にこのネタは書きます笑
(自分のモチベーション維持のために)

 

スポンサーリンク



リタイア後の生活費について

私は、暇が嫌いな人なので、配当金生活ができるくらいの配当をもらうことになっても、おそらく近所でバイト程度はすると思います。

しかし、とりあえず単純化するために、完全リタイアする想定で日々の生活費を考えようと思います。

この生活費ですが、諸説ありますが、ここでは総務省統計局の「高齢夫婦無職世帯の家計収支(2016年)」から月額27.7万円という数値を採用します。
なお、これは夫婦の生活費になります。

出所:http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/nen/pdf/gk02.pdf

さらに、これに12ヶ月をかけると、年間332.4万円かかることがわかります。
これだけの金額を年間配当でもらうにはどの程度の資金を投資しなければならないかは、次の章で説明しようと思います。

必要な資金

完全リタイアするには、年間332.4万円かかることがわかりました。

では、配当利回りの想定はどうしましょう?
PFFなどの高配当なETFなどもありますが、ここは王道のS&P500に投資したと考えます。

S&P500の本日(2018年2月13日)の配当利回りは1.84%。。。。す、、、少なすぎる!!

早くも黄色信号です、いや、ここは冷静になって計算を続けましょう。

米国での源泉徴収税額が10%、日本が20%と考えます。(日本の税率が若干20%より高いですが、ここでは20%と考えます。)

米国の10%分は、外国税額控除で取り戻せるのですが、完全リタイアでは控除する税金がないので、ここは素直に10%取られるとします。

計算結果は、、、25090万円
2.5億ですよ!これはいけません。

ということで、気を取り直して通信株や電力など高配当株(配当利回り5%)に投資したと考えます。

計算結果は、、、9233万円
なるほど、これならなんとかなりそうです。

必要資金を貯めるまでの期間

では、次に9233万円貯めることを考えます。

現在の私の貯蓄が2000万円程度です。つまり、追加で7233万円貯める必要があります。

税金等も考慮して可能な利回りは4.5%程度でしょうか?(ちょっと甘いですが・・・)
更に、毎月の給料、ボーナスを月に按分し、2000万から生み出される配当を考えると、月に30万程度を投資に回すことができます。

その条件で計算すると、7233万円を超えるのは15年目になります。
現在の年齢が27歳なので、42歳です。

42歳のダンディなオジさまになっているイメージはできませんが、そのくらいには現実的にリタイアができる環境になってれば良いです。

仕事は大変ですが、こうやってゴールが見えていたり、すでに働かなくても生きていける状態だと気楽に働けて良いですね。
なので、早めに9233万円目指して頑張ります!ぜひ皆さんも!

PC用

スポンサーリンク



PC用

スポンサーリンク



-雑記

執筆者:


  1. たぱぞう より:

    >2.5億ですよ!これはいけません。

    たしかにこれはいけませんねw

    よほどのセンスがない限り、株だけで実現しようと思うと苦しくなると思います。
    不動産やったり、副業やったり、つまり複数のほうが達成は簡単でしょうね。
    元手がかかりすぎます。

    • こねこ より:

      たぱぞう様
      コメントありがとうございます!
      大物ブロガーにコメントいただけて嬉しいです。

      >よほどのセンスがない限り、株だけで実現しようと思うと苦しくなると思います。
      >不動産やったり、副業やったり、つまり複数のほうが達成は簡単でしょうね。
      おっしゃる通りですね!
      ただ、不動産はともかく副業は単に形を変えた”労働”なので、やっぱり資本所得だけでリタイアは難しいということですかね。。。
      自分でコントロールできる副業は、サラリーマンやるよりずっと良いですけどね!w

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お金が無くても資本主義を味方につけよう(その2)

先日、日本は資本主義というルールで経済活動が行われている。資本主義では、企業や土地などの生産手段が国によって独占されていなく、私的所有が可能であることを説明しました。さらに、そのような生産手段の所有権 …

簡単なインデックス投資でも金持ちになれる

日本人ってリスクを取らないと言いつつ、一攫千金が好きで、投資においてもハイリスクハイリターンを目指す投資をしがちな傾向があるかと思います。しかし、ハイリスクハイリターンな投資法で、長期間安定して収益を …

ESG投資は良い思想だがリターンが芳しくないという指摘も

タバコ株や化石燃料株を保有している私からすると、ちょっと気になる話題でした。皆さんはESG投資というのをご存知でしょうか?ここ数年、ESG投資という投資が流行っていたのですが、最近少し流れが変わってき …

資産1000万円到達までの道のり(概要版)

以前、1000万円を達成した時の喜びが、3000万のアッパーマス層に到達した時よりも大きかったなぁという旨のtweetをしました。 まだ、3000万ちょっとなので、経験を語るには初心者すぎるが、やっぱ …

私の使っているクレジットカードに対する考え方

昔はクレジットカード大好きで、特にステータスカードと言われているようなものを入手するため日々、カード修行に勤しんでいました。ですが、悲しいことにステータスカードは年会費がかかります。そして、ゴールドカ …

サイドバー用

スポンサーリンク



名前: こねこ
年齢:20代

どこにでもいるような20代既婚サラリーマン。
一念発起し米国株投資に目覚め、資産額一億円を目指して奮闘中。
投資以外には節約ネタが好きなので、そのあたりのネタも投下していきたいと思います。

モチベーション維持のためにも相互リンクは大歓迎ですので、ぜひともお声掛けください。
また、Twitterでも情報発信をしていきたいと思うので、フォローをお願いいたします。
→詳しいプロフィールはこちら(作成中)


応援いただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。