米国株投資+節約で資産1億円を目指す

20代のしがないサラリーマンが、株式(米国株)投資+節約で資産1億円を目指します。ブログ運営については、プライバシー・ポリシーをご確認ください。

ポートフォリオ 株式投資

国際分散投資の有用性について

投稿日:

国際分散投資の是非は、有名な米国株ブロガーさん何人も書いていらっしゃいます。

しかし、各ブロガーさん、投資家さんによって意見に違いがあるようです。

米国株ブロガーさんは、比較的国際分散投資に否定的な意見が多いですが、私は国際分散投資は有用であると考えています。
その考えについて記事を書こうと思います。

 

スポンサーリンク



議論の前提

まず、そもそもの考え方にあまりにも乖離があると、議論の前提が崩れてしまいますので、その前提をあわせようと思います。

この記事の中では、「分散投資でリスクを分散することは有効」、「現在までの米国株のパフォーマンスは(世界的にも)良い」この二つを前提として議論を進めていこうと思います。
(この2つについて大きく異論がある人はまずいないはずです。)

その上で、米国株ブロガーさんの主張、考えは次の3つに分類されます。
①米国株のパフォーマンスが良いので、そもそも他の国の株を買ってパフォーマンスを下げる必要が無い

②米国の大企業は、さまざまな国から収益を上げているグローバル企業なので、そもそも分散投資されている

③米国株以外の国は投資するための手数料が高いので、パフォーマンスが下がってしまうので手数料の低い米国株への投資が良い

以上が、主な主張の分類であったと記憶しています。

国際分散投資の是非

まず、①の「米国株がもっともパフォーマンスが良い」という点ですが、確かに現在まで米国株は非常に高いパフォーマンスであったと思います。

一方で、米国経済が今後も高いパフォーマンスを出し続けられる保障は無いと思っています。
今の段階で決定的に米国株のパフォーマンスが下がる要因は無いと思いますが、長期投資をするのであれば20年後、30年後は何が起こっているかわからないと思います。

なので、私はこの考え方には懐疑的で、どこの国の株(企業)が今後発展するかわからない以上、ある程度金融システムが発展した国の企業の株であれば、できるだけ広く買うべきであると考えています。

次に②の「米国大企業はグローバルに収益を上げているのですでに分散投資されている」という主張についてです。

これは、一理あると思います。いまやグローバルに収益を上げているはたくさんあり、企業は必ずしも”国”という枠にとらわれなくなっています。

ただし、だからこそ”米国株”のみに固執することは無いと思います。卓越したパフォーマンスを出す可能性のある企業には国籍にかかわらずどんどん投資をすればよいと思います。(その結果米国株に投資することになる場合が多いですが・・・)

また、米国の企業が他国で経済活動をするよりも、その地域の企業が自国内で商売をするほうが当然有利です。
そういう意味でも、グローバル企業だからという理由で米国株だけへの投資で安心するのは少々尚早な気がします。

最後の③については、これは同意です。
日本から海外の株を買うときに米国株以外の外国株は比較的手数料が高くなってしまい、どうしてもパフォーマンスを棄損してしまいます。
ここは、証券会社選びをしっかりとしたり、証券会社に頑張ってもらうしか無いです。

結論

個人的には、米国が今後も世界最高峰のパフォーマンスをもたらしてくれる保障ができない以上、国際分散投資が最適解だと考えます。

また、別に記事を書こうと思ってますが、各国の株価は相関関係がありますが、完全に相関するわけではありません。

そのような前提に立った場合、各国の企業の株を組み合わせることで、下記の図のように期待リターンが高まるようなポートフォリオを組んだとしても、ある一定までリスクが下がります。(下記の図は、縦軸が期待リターン、横軸がリスクです。)

これは現代ポートフォリオ理論の考え方の一つで、話を始めると長くなってしまうので、別の記事でお話をさせていただきますが、その点でも国際分散投資はリスクを下げる意味で有効だと考えます。

PC用

スポンサーリンク



PC用

スポンサーリンク



-ポートフォリオ, 株式投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

つみたてNISAのベスト商品を考える

最近、つみたてNISAがめちゃくちゃ流行っています。 ツイッターでも、つみたてNISAに言及する人が最近は増えており、2018年も私は使おうと思っている普通のNISAはすっかり話題になることが少なくな …

不祥事株の購入を検討する(2018年6月版)

さて、昨年あたりから大手企業の不祥事が次々と明らかになっています。(大手企業だけでなく、官公庁とかも・・・) 相場の世界では、「事故は買い 事件は売り」という格言があります。 つまり、突発的な”事故” …

ハイテク銘柄について考える(AI銘柄、自動運転など)

最近はAIブームやブロックチェーン技術(仮想通貨)などの技術が、ある種のブームになってきており、株式市場でも社名をハイテクっぽくすると時価総額が上がるなど危険なにおいがしてきています。 このようなハイ …

配当金履歴2018年1月

このブログの目標・目的について、以前記事を書きました。 そこでも特に挙げていなかった通り、私は特に”配当”を重視した投資をしていません。 しかし一方で、やはり定期的にお金が貰える配当金というのは、投資 …

割安株への投資(低PER銘柄への投資)

※この記事は2017年6月に公開した記事を再編集したものなので、記事内の数値は、2017年6月時点のものです。 今日は割安株への投資について記事を書こうと思います。 ベンジャミン・グレアムから始まった …

サイドバー用

スポンサーリンク



名前: こねこ
年齢:20代

どこにでもいるような20代既婚サラリーマン。
一念発起し米国株投資に目覚め、資産額一億円を目指して奮闘中。
投資以外には節約ネタが好きなので、そのあたりのネタも投下していきたいと思います。

モチベーション維持のためにも相互リンクは大歓迎ですので、ぜひともお声掛けください。
また、Twitterでも情報発信をしていきたいと思うので、フォローをお願いいたします。
→詳しいプロフィールはこちら(作成中)


応援いただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。