米国株投資+節約で資産1億円を目指す

20代のしがないサラリーマンが、株式(米国株)投資+節約で資産1億円を目指します。ブログ運営については、プライバシー・ポリシーをご確認ください。

雑記

簡単なインデックス投資でも金持ちになれる

投稿日:2019年2月15日 更新日:

日本人ってリスクを取らないと言いつつ、一攫千金が好きで、投資においてもハイリスクハイリターンを目指す投資をしがちな傾向があるかと思います。

しかし、ハイリスクハイリターンな投資法で、長期間安定して収益を上げ続けるのは、天才ではない限り難しいです。

つまり、そういう投資は再現性が低いと思われます。

投資というのはそういうものではないか?
という人もいますが、最近よく話題になるインデックス投資は、非常に再現性が高く、誰がやっても同じようなリターンになるような再現性が高い投資法です。

一方で、インデックス投資はリターンが驚くほど大きいわけではなく、これだけでは金持ちになれないという人もいます。

では、実際のところ、インデックス投資のリターンはどのくらいで本当にお金持ちになれないのでしょうか?

次章から解説をしようと思います。

 

スポンサーリンク



インデックス投資のリターン

そもそも、インデックス投資とは何かですが、インデックスと連動することを目的とした投資法です。

インデックスとは、個々の銘柄の株価から算出された、株式相場の状況を数値化したものです。
具体的には、日経平均株価TOPIXダウ工業株30種S&P500などが有名なインデックスです。

インデックスに投資するには、それに連動することを目的とした投資信託ETFを購入します。
(自分で個々の銘柄を買って組成することもできますが、それは現実的でないので考えないこととします)

各代表的な指数の、過去30年のリターンを以下に列挙します。

【先進国(日本除く)】
MSCI コクサイ・インデックス (KOKUSAI) (円):8.5%

【新興国】
MSCI エマージング・マーケット・インデックス (円):9.3%

【アメリカ合衆国】
S&P 500 (配当込み) (円):9.4%

【日本】
TOPIX トピックス: -0.2%
日経平均株価(配当除く):-1.4%

この上で、もし30年前1000万円を元手に投資を始めていたら、どうなっていたかをグラフに表します。

インデックス投資シミュレーション

もし、30年前に1000万円を上記で紹介したインデックスに投資していたらどうなっていたでしょうか?

なお、1000万円貯める方法については、以前の記事をご参照ください。

インデックス投資のシミュレーショングラフは以下の通りです。

インデックス投資のシミュレーション結果

これは、割とショッキングな結果かなと思います。

日本を代表する日経平均とTOPIXがマイナスとなっている中、紹介した他の指数は1億円を優に超えています。

バブルの最盛期がスタートとなっており、日本の指数はかなり不利ですが、それでも日本人が投資嫌いなのは合理的だったのかなと少し納得しました。

ただ、今後はこの通り動くわけではありません。
株は過去の推移では、未来の動きはわかりません。

ただ、分かったのは、少なくとも多くの指数で若いうちに頑張って1000万円を作り投資しておけば1億円は達成できそうです。

紹介した指数に連動するファンド

今回は5種類のインデックスでシミュレーションをしました。

このうち、以下のつみたてNISAの記事で紹介したeMAXIS Slimで言うと、どのファンドになるのか紹介しておこうと思います。
※別に宣伝ではありません。

eMAXIS Slim で紹介したインデックスに対応する商品は以下の通りです。

【先進国(日本除く)】
MSCI コクサイ・インデックス (KOKUSAI) (円):8.5%
→eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

【新興国】
MSCI エマージング・マーケット・インデックス (円):9.3%
→eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

【アメリカ合衆国】
S&P 500 (配当込み) (円):9.4%
→eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

【日本】
TOPIX トピックス: -0.2%
→eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
日経平均株価(配当除く):-1.4%
→eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)

まとめ

30年ほどの長期投資ができれば、インデックス投資のような再現性の高い投資法でも十分に1億円を達成できるイメージはついたかと思います。

日本人は、株式投資に一攫千金を求めがちですが、このような再現性の高い投資法で資産運用を身に着けるのが良いかと思います。

PC用

スポンサーリンク



PC用

スポンサーリンク



-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

資産1000万円到達までの道のり(概要版)

以前、1000万円を達成した時の喜びが、3000万のアッパーマス層に到達した時よりも大きかったなぁという旨のtweetをしました。 まだ、3000万ちょっとなので、経験を語るには初心者すぎるが、やっぱ …

お金が無くても資本主義を味方につけよう(その2)

先日、日本は資本主義というルールで経済活動が行われている。資本主義では、企業や土地などの生産手段が国によって独占されていなく、私的所有が可能であることを説明しました。さらに、そのような生産手段の所有権 …

楽天ポイント投資の威力

最近、ポイントなどを使って投資を行える証券会社が増えてきています。ポイント投資が出来る証券会社のまとめは別の記事で行おうと思っています。今回は、比較的早いうちからポイント投資を導入していた楽天証券(楽 …

2018年ブログ切り替えを機に新たな目標設定

  スポンサーリンク 目標金額 最終的な目標金額について。実はこれは旧ブログでも書いていたのですが、「2036年に金融資産一億円」を目標としています。(今年も変わらず) また、中間目標として …

今年の投資方針(2019年)

2019年も2月になってしまいましたが、一応、2019年度の投資方針をブログで明確化しておこうと思います。(やっぱり、ある程度方針を明確にしておいた方が読者の方も安心かなと思いますので)   …

サイドバー用

スポンサーリンク



名前: こねこ
年齢:20代

どこにでもいるような20代既婚サラリーマン。
一念発起し米国株投資に目覚め、資産額一億円を目指して奮闘中。
投資以外には節約ネタが好きなので、そのあたりのネタも投下していきたいと思います。

モチベーション維持のためにも相互リンクは大歓迎ですので、ぜひともお声掛けください。
また、Twitterでも情報発信をしていきたいと思うので、フォローをお願いいたします。
→詳しいプロフィールはこちら(作成中)


応援いただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。