米国株投資+節約で資産1億円を目指す

20代のしがないサラリーマンが、株式(米国株)投資+節約で資産1億円を目指します。ブログ運営については、プライバシー・ポリシーをご確認ください。

雑記

楽天ポイント投資の威力

投稿日:

最近、ポイントなどを使って投資を行える証券会社が増えてきています。

ポイント投資が出来る証券会社のまとめ別の記事で行おうと思っています。

今回は、比較的早いうちからポイント投資を導入していた楽天証券(楽天ポイント)について、 記事を書こうと思います。

 

スポンサーリンク



楽天カード・楽天ポイントとの連携

楽天証券は楽天ポイントで投資を行えるだけでなく、楽天カードで投資信託を購入することでポイントをためることができるという仕組みがあります。
(「楽天」がゲシュタルト崩壊してきた・・・)

楽天クレジットカードの還元率は1%ですので、 上限の月5万円分クレジットカードで投資信託を購入した場合、500円分のポイントが毎月貯まることになります。

さらに、そこで貯まったポイント(500円分)は、投資信託の購入にあてることができるそうです。

月500円でも、年間だと6000円になるので、結構な金額分のポイントが付与されそうです。

投資の世界では、少ない金額でもコツコツ積み立てることで、将来大きな差になることは、他の記事でも何度も紹介している通りです。

では、この毎月500円の積立金額の差が将来的にどのくらいの差になるのでしょうか?
早速シミュレーションすることにしました。

楽天カードで貯まるポイントを投資した場合のシミュレーション

前提として、楽天証券で楽天カードを使って月5万円分の積立投資を行うとします。

5万円分の積立投資を行い、1%の還元率だと月500円の付与されるそうですので、それは全て投資するとします。

その他の前提条件は以下の通りとします。

【前提条件】
月の投資額:50,000円(楽天カード使用して投資する場合の上限
ポイント付与額:500円(全額投資する)
投資期間:30年 ※この制度が30年持続可能かどうかは一旦おいておきます
年率リターン:7%

ポイント投資を行った場合の比較

図のシミュレーションは、計算を少々簡略化(月500円ではなく、年6000円で計算)しているので、 正確な値ではないですが、だいたいこのくらいの金額になると思います。

総額が5000万円以上になっているので、図上ではあまり差が無いように見えます。
しかし、実際の金額で見ると55万円以上の差になっています。

単にクレジットカードを通して投資信託を購入するだけで、これだけの金額を得ることが出来る可能性があるのは魅力的です。

もちろん、この制度が30年も続くかは怪しいところではあります。

しかし、ほとんどデメリット無くこれだけの金額差を得ることができる可能性があるので、投資家にとってすごくメリットがある仕組みなのではないかと思います。

まとめ

最近は、ポイント投資が行える証券会社が増えてきています。

さらに、楽天証券など一部証券会社では、クレジットカードで投資信託を購入し、 そこで付与されたポイントで投資できるような仕組みがあります。

1%程度のポイント付与率ですが、長期で投資することで結構な金額差になりそうなことをシミュレーションで示しました。

昨今は、投資信託の信託報酬も極めて低くなっているため、このようなお得な状況が長く続くかわかりませんが、 少なくとも現状デメリットは少ないように思えます。

このスキームに乗ってみることを検討しても良いかもしれませんね。

個人的にはクレジットカードが増えるのはかなりのデメリットですが。。。。

PC用

スポンサーリンク



PC用

スポンサーリンク



-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アッパーマス層(資産3000万)達成報告と感想

  スポンサーリンク 2019年一月アッパーマス層に到達しました こんにちは、久々のブログ投稿です。ツイッターの方では報告させていただいていましたが、資産3,000万を突破し、アッパーマス層 …

配当金生活について考えてみる

何回同じネタやってんだ!と怒る方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、サラリーマン投資家の大きな夢の一つが配当金のみで生活してゆくことではないでしょうか? 社畜化している現代サラリーマンにとって天か …

2018年ブログ切り替えを機に新たな目標設定

  スポンサーリンク 目標金額 最終的な目標金額について。実はこれは旧ブログでも書いていたのですが、「2036年に金融資産一億円」を目標としています。(今年も変わらず) また、中間目標として …

お金が無くても資本主義を味方につけよう(その2)

先日、日本は資本主義というルールで経済活動が行われている。資本主義では、企業や土地などの生産手段が国によって独占されていなく、私的所有が可能であることを説明しました。さらに、そのような生産手段の所有権 …

日本株の伸びしろに期待する(株主総還元は毎年上昇中)

日本株といえば、悪しき株式の持ち合いなどで、大企業は株主に報いない経営をしていることで有名でした。 そのせいもあり、日本株はバブル時期を除き欧米に比べると、先進国としては万年割安水準の株価となっていま …

サイドバー用

スポンサーリンク



名前: こねこ
年齢:20代

どこにでもいるような20代既婚サラリーマン。
一念発起し米国株投資に目覚め、資産額一億円を目指して奮闘中。
投資以外には節約ネタが好きなので、そのあたりのネタも投下していきたいと思います。

モチベーション維持のためにも相互リンクは大歓迎ですので、ぜひともお声掛けください。
また、Twitterでも情報発信をしていきたいと思うので、フォローをお願いいたします。
→詳しいプロフィールはこちら(作成中)


応援いただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。