米国株投資+節約で資産1億円を目指す

20代のしがないサラリーマンが、株式(米国株)投資+節約で資産1億円を目指します。ブログ運営については、プライバシー・ポリシーをご確認ください。

投資哲学

投資を始めて心に余裕を持てるようになった話

投稿日:

昔に比べて、最近は心が穏やかになってきた気がします。

私はどちらかと言うと人と比べて落ち込んだり、イライラしたりといったことが多い人でした。

やっぱり、人と自分を比べて心がざわつくと、なかなか辛いです。
でも、ついついやっちゃう人多いと思います。

ですが、投資を始めてある程度まとまった資産を運用するようになって、比較的人と比べて辛くなってしまうクセも落ち着いてきたかなと思うので、記事にしてみました。

 

スポンサーリンク



仕事以外の収入が得られる

投資の良いところは、本業の仕事以外に収入(配当)を得られるところです。

人は多かれ少なかれ大変な思いをしてお金を稼いでいて、お金を稼ぐ上で嫌な思いをすることも多くあると思います。

というか、嫌な思いをしてでもお金を稼がないと生活が立ち行かなくなります。
だから、働かざるを得ない。これは非常にストレスです。

しかも、大学卒業時から体が動かなくなるまで働き、人生のほとんどを労働に費やさなければなりません。

投資の本当にすごいところは、完全不労所得であるという点です。

フリーランスとか、YouTuberとか、最近は時間などコントロールが効いやすい職業も多くありますが、やはり働く必要があります。

一方で、投資から得られる配当は、寝てても入ってきます。
自分は何をする必要もありません。

もし、配当だけで生活できる状態を構築できれば、働きたければ働けば良いし、寝たければ寝ればよい。
つまり、自由な状態になります。

私は、まだ配当だけで生活できるような状態ではありませんが、少なくとも将来的にそうなれるのではないか?と思わせてくれるのが投資の素晴らしいところです。

その将来の「夢」があるのと無いのでは、日々のストレスが違うと思います。
少なくとも、私は配当金生活という夢のために、日々頑張れるようになりました。

社会貢献しているという自己満足

仮に経済的に自由になっても、毎日家でゴロゴロしていては幸せではないなぁと思っています。

多分、何らかの生産活動をして社会に貢献している、社会活動を行っている、科学の発展に貢献しているといったことをしていないと、私は満足感を得られない性格のようです。

昔の資本家は、経済的に自由で労働をする必要が無いからこそ、社会貢献学問を等、お金にならないけど誰かがやらなければならないようなことをやっていたそうです。

もちろん、配当金生活を達成しても、私は生産活動を行うつもりです。

一方で、優れたビジネスがあるにもかかわらず、資本がなくビジネスをスケールできない企業に資本を投下すること(投資)自体かなりの社会貢献だと思います。

つまり、投資自体も社会貢献であり、投資を続けるモチベーションの一つになっています。

まとめ

いろいろ、雑多に書いてしまいましたが、結論は投資は素晴らしい!

本当に投資に出会えてよかったと心から思っています。

少なくとも、経済的自由を目標に日々前向きに働けるようになりましたし、多少なりとも社会貢献にもなっているのではないかと思います。

投資は、とっかかりが難しいですが、できるだけ多くの人に始めてもらいたいなぁと思っています。

PC用

スポンサーリンク



PC用

スポンサーリンク



-投資哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

私がETFを買う時に考えていること(その1)

最近は、個別銘柄も多少購入しますが、投資信託やETF(海外ETF含む)の購入がほとんどです。以下の記事で紹介したETFと、結構被る内容も多いですが、私がETFや投資信託を買う時の思考を書いていこうと思 …

私がETFを買う時に考えていること(その2)

先日公開した記事の第二弾です。第一弾は、以下のリンクを参照してください。 私がETFを買う時に考えていること(その1) 前回の記事では、米国に投資するETFと、ヨーロッパに投資するETFを買う時に私が …

高齢者が若者よりお金を持っているのは当たり前

最近、高齢者ばかりお金を持っていて、若者はお金を持っていなく、これは世代間格差だという話を聞いたりします。まぁ、普通に考えたら高齢者の方が、長く働いているのだから当然貯金は多くなるはずです。この原則を …

サイドバー用

スポンサーリンク



名前: こねこ
年齢:20代

どこにでもいるような20代既婚サラリーマン。
一念発起し米国株投資に目覚め、資産額一億円を目指して奮闘中。
投資以外には節約ネタが好きなので、そのあたりのネタも投下していきたいと思います。

モチベーション維持のためにも相互リンクは大歓迎ですので、ぜひともお声掛けください。
また、Twitterでも情報発信をしていきたいと思うので、フォローをお願いいたします。
→詳しいプロフィールはこちら(作成中)


応援いただけると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。